それでも、どうしても。

思ったことを思った時に。

当ブログについて

 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

こちらはしがない田舎のおたくが推しや推し事などについて綴るだけのブログです。

推しの名前は出しませんが、エゴサ・パブサ避けの為に伏せているので特別隠すつもりはありません。

見る人が見たら誰推しかわかると思いますので、わかった方は心の中で「あの人推しなんだなぁ」と思っておいてもらえたらありがたいです。笑

 

書き綴る内容については完全に書き手の主観・個人的な意見です。ご了承ください。

気持ちのありようによって重かったり軽かったりすると思いますが、ご覧になられる方には暇つぶし程度の軽さで読んでいただければと思います。

 

 

 

マシュマロ設置しましたので何かありましたらお気軽にどうぞ。

 

marshmallow-qa.com

 

 

推しの舞台が終演しました+マシュマロ返信

 

 

 

どうも、あめです。

 

 

タイトルそのままですが、舞台『この音とまれ!』が大千秋楽を終えました。

ただいま絶賛推しロス状態です。笑

推しに会いたい~推しの芝居が観たい~_(┐「ε:)_

 

東京公演をあまり見に行けなかったこともあり、どうせ大阪まで行くなら全部観たらいいじゃん!という感じでチケットを追加して大阪での3公演をしっかり楽しんできました。

推し主演という贔屓目もあるかもしれませんが、観劇した公演のすべてが楽しくて切なくて輝かしくて、本当に本当に素敵な作品だったと思います。

終幕を迎えてしまったのが素直に寂しい。どの作品でも公演が終わる時って寂しさを感じるものなのですが、今回は特別そうかもしれないです。

カテコで子供みたいに泣きながら話す推しが可笑しくて愛おしくて、つられて泣き笑いしてしまったのも最高に愛しい思い出になりました。

本当に終わっちゃったの勿体ないなぁ…ずっと見ていたかったし、もっと筝も聴きたかった。Aくん本人も繰り返し言っていましたが、彼の初主演作がこの作品で本当に良かったです。

やっぱり推しのお芝居が大好きだし、お芝居をしている推しが大好きだなと改めて実感できた時間でした。

あとアフターイベントでハイタッチ会があったんですが、安定の神対応でうわ~好き~_(┐「ε:)_ってなりました(笑)

いやもう再三言ってますが本当にずるい人! そして私は安定のちょろいオタクです。笑

 

 

舞台についての細かい感想についてはまた追々書きます。これは絶対に書き上げたいし書き上げますので…! 

 

それから先日ですね、はてブロ巡りをしていたら(私の勘違いでなければ)ここで書いた記事をご覧になってこの音ステを観劇してくださった方のところに辿り着きまして。ああ、私の気持ちを受け取ってくださった方がいたんだなあ…なんてものすごく嬉しくなってしまいました。

私の「届け!」の気持ちもちゃんと届いたんだなあ…ダイマ記事書いて良かった…

会場に足を運んでくださった事実も、推しへのお褒めの言葉も本当に嬉しかったです。ご覧になっているかわかりませんが、本当に本当にありがとうございました…! 

 

 

 

 

 

 

今回はマシュマロを頂きましたのでそちらの返信を。 

内容は伏せて、との事でしたのでそのようにさせて頂きます~

 

 

 

送り主さま、初めまして!

お返事が遅くなってしまって申し訳ありません…!

なんでしょう、こちらこそありがとうございますと言うべきな気がしています…MCで滑ったりしてなかったですか…?ご迷惑おかけしてないですか…?笑

主さまの推しさんのお芝居は私もその作品でしか拝見したことがないのですが、某リリイベでご本人を拝見した際、場を盛り上げるのが本当に上手な方だなあと思ったのを覚えています。機会があればぜひご出演されている舞台も観劇してみたいです!

そしてカレンダー発売&お渡し会の開催おめでとうございます~!

イベントの内容や進行については主さまもおっしゃっているようにその俳優さんによりけりだとは思うのですが、一例としてのご紹介ならできると思います。

基本的に公式の方でレポ禁止とされているので細かく書けない部分もありますが、流れくらいはお伝えできるかと!

頂いたご質問に上から順番に勝手に番号を付けてお答えしていこうと思います~

 

①まず『カレンダーお渡し会』とは言いますが、Aくんの場合に関しては本人からカレンダーを受け取る形式ではありません。どちらかというと『カレンダー引き取り+握手会つきイベント』って感じです。

入場の際にスタッフさんからカレンダー一式を受け取って席について、イベントが開始したら壇上で本人と握手+そのタイミングでお話できるよ~みたいな流れですかね。

順番に並んで、自分の番がきたら推しの前に立って握手と会話。Aくんはお話をしっかり聞いてくれる人なので、2~3往復くらい会話出来てたかなあ…ここら辺の時間の取り方は俳優さんによってまちまちだとは思います。

握手や会話をしている時は壇上でという事になるので、安定の衆人環視です。複数参加特典でチェキ撮影がある時もフルオープン。笑

Aくん関連はどのイベントでもだいたいこういう形式なのでもう慣れましたが、やっぱり若干やりづらさはありますよね…笑

 

②書店でのイベントでなく、座席のある会場で行われるようでしたらお渡し以外にもトークコーナーや抽選会などあると思いますよ!

流れは人それぞれだと思いますが、Aくんはお渡し(握手)⇒トークコーナー等といった感じでした。カレンダー撮影の時の裏話だったり来年の抱負だったり、そういうお話を聞かせてくれることが多いと思います。

あと撮影地からのお土産の抽選会とかもあったりします。

 

③Aくんのカレイベは進行役で芸人さんがいらっしゃったりしますが、ゲストで他の俳優さんが登壇したりってことはなかったです。

あとはマネージャーさんがグイグイ前に出てくるくらいですね…笑

 

だいたいこんな感じでしょうかね…

こちらの回答が少しでも主さまの参考になれば幸いです。

また何かあればお気軽にお尋ねください。私で力になれることであればお答えいたしますので!

主さまの推し事ライフが楽しく素敵なものでありますように~! 

マシュマロありがとうございました♡

 

 

 

 

始まったばかりだと思っていた9月ももう半ばを過ぎているんですね。月日の流れって本当に早い…

Aくんのバーイベまであと1ヵ月を切ったのでいろいろ考えなければです。

プレゼントまだ決めてないし自分が着る服も決めてない…(早く決めろ…) 

 

直前になって慌てないように準備を進めていこうと思います…!

 

 

 

 

 

 

 何かありましたらこちらから。

marshmallow-qa.com

 

 

雑記のような何か

 

 

 

 

どうも、あめです。

 

 

昨日のことになりますが、舞台『この音とまれ!』が東京千秋楽を迎えました。

派手な演出はないけれど本当に素敵な、丁寧に丁寧に作り上げられた舞台。しっかり埋まった座席、熱を増したお芝居に演奏。そしてスタンディングオベーションに言葉を詰まらせる推しの姿。

あんなにも温かい空間に居合わせることが出来たこと、本当に幸せでした。

もっと東京公演観たかったなぁ…私の次の観劇は大阪公演になるので、またしばらくの間はおあずけです。寂しいけれどその日を楽しみにお仕事頑張ります…_(┐「ε:)_

 

 

 

先日Aくんのバスツアーの当落があったのですが、今回もなんとか無事に行けることになりました。ありがたやありがたや…

 

今回のバスツアーは舞台初日の公演後からスタートするのですが、疲れているであろうタイミングにも関わらずこうしてファンに時間を割いてくれることがとても嬉しいし、ありがたいなあと思います。本当にいつもありがとう。

正直言うと公演期間くらい休めるときは休んでほしい気持ちもあるのですが、最近はAくんがやると決めた事なら喜んで受け取ることにしています。あんまり「体調が心配だから休んで!」とか言いすぎてもせっかくやる気になってるところに水を差してしまうかもですしね。

しかし今回はさすがにそんなに頑張ってお誕生日当日にイベントしなくても大丈夫なんだよ…?とは思いましたけど…

公演初日ってダメ出しとか調整とかあって大変なイメージなんですが…良いのかい…?(良いのかい?)

この日程については以前配信で「お休み取りづらい方もいると思いますが僕の誕生日はずらせないので…」と言っていたのですが、いやそれもそうだけど!そうじゃなくて!と思いました。笑

真っ先に気にするのが自分の休息よりもおたくの休日取得だった辺りでちょっと笑ったんですが、まあ基本的に優しい人なんですよね…そこが彼の良いところでもあるんですが、おたくはちょっと心配です…笑

でも行かないという選択肢はないので、Aくんが作ってくれた時間をAくんにとっても楽しいものに出来たらいいなぁと思います。特別何ができるって訳でもないんですけど、喜んでもらえるようにお手紙とか会話とか頑張りたいですね…いつもありがとうとおめでとうはたくさん伝えられるように頑張りたい…

 

 

私自身これでバスツアー参加は3回目、お誕生日を直接お祝いするのは2回目になります。

前回がすごく楽しかったから今回も楽しみだなあ。今年はプレゼント何にしよう。

 

イベントでお話するのは少しづつ慣れてきたんですが、これがバスツアーとなるとまた別で。どれだけ回数を重ねても(っていうほど回数行ってる訳じゃないけど)やっぱり緊張してしまうんですよね…

普段はパーテーションのない状況で握手やお話をするのがデフォルトなんですよ、Aくんの現場って。

それがバスツアーでは他の参加者から会話が聞こえない状態で、つまり本当の意味でツーショットでお話ができる機会があるので、私にとっては緊張度合いも少し変わってくるんです。

ちゃんと伝えたいこと言えるかなあとか、不快な思いさせちゃったりしないかなあとか、割といっぱいいっぱいになってしまう。もっと余裕のあるおたくになりたいなぁ…_(┐「ε:)_

 

ちゃんといつも思っていることが伝えられるように言いたいことをきちんと整理しておかなきゃなと思います。気負い過ぎてもあれだけど何も考えてないと本当にしょうもないことしか言えないので…私ってやつは…すぐ食べ物の話をしてしまう…(隠しきれない食欲…)

それと並行してプレゼントの準備もしつつ、自分の着ていくものやメイクも考えつつ、直前で慌てなくて済むように支度していきたいと思います。

油断せずに…行きたい…

 

 

 

とりとめのない内容でしたが今回はこんな感じで。

ここまでの間にBくん関連のイベントや刀ミュ、それからスタミュミュも観に行ってきたのでその内まとめて感想上げます。 

書きかけの双騎やエーステの感想もちゃんとまとめたいなあ…いつ書き上がるかわからないですが書く気だけはあるので…!

 

 

 

 

 

何かお話したいこと等ありましたらこちらにどうぞ~ 

marshmallow-qa.com

 

 

 

 

 

 

舞台『この音とまれ!』

 

 

 

どうも、あめです。

 

 

 

ついにAくんの主演舞台の公演が始まりました。

初日に観劇してきたのですが、登場人物たちのまっすぐさにただただ胸を打たれるような、そんな舞台だったと思います。

 

私の拙い言葉ではなかなかすべてを伝えることは難しいのですが、なんていうんでしょうね…

不器用さと真っ直ぐさ、想いを誰かに「届けたい」という純粋な気持ちが心を打つ。

上手くいかないながらもお互いを思い遣りながら筝に打ち込んでいく姿。そして彼らを見守る友人や大人たち。

そんな愛と優しさに満ちた作品だった、という感じでしょうか。

 

 

ストーリーの良さは言わずもがななのですが、今回の目玉は何と言っても筝の生演奏だと思います。

キャストの皆さんはだいたい半年ほど前から練習を始め、他のお仕事や芝居の稽古もこなしながら腕を磨いてこられました。Aくんは博多座に立っている間も楽屋で練習をしていたようです*1

過去に楽器をやっていたことがあるので何となくわかるのですが、『人前で演奏できる程度の腕前になる』というのはそう簡単なことではないんですよね。それが初めて触った楽器ならなおさら。

 

作品の中では全くの初心者がいる中、たった1か月でひとつの曲を仕上げることになります。

限られた期間の中、全校生徒(つまりは観客ですね)を納得させるような演奏をしなければならない。

そういった部分では与えられた期間は違えどきっと気持ちがリンクする部分もあるんじゃないかなぁ。

 

聞いた事がある方も多いと思いますが、楽器は「1日練習を休むと3日分遅れる」とよく言われます。他のお仕事で練習できない日ももちろんある訳で、そうなると「やっと前に進んだと思ったらまたちょっと戻って、そこからまた前に進んで…」の繰り返し。

上手く行かなくて焦った日もあったでしょうし、本番で演奏することに対しての不安もあったと思いますが、皆さん本当に素敵な演奏をされていました。

 

Aくんを含め皆さんかなり努力をされたんだろうなと思いますが、中でもさとわちゃん役の田中日奈子ちゃんは特に努力したんだと思います。

筝の家元のお嬢様という役柄に、他のキャストよりも弦の多い筝。

誰よりも難しいパートを、誰よりもできていなければいけないというプレッシャーは相当大きなものだったのではないでしょうか。本当に本当によく頑張ったのだと思います。お仕事だから、やらなければならない事だからとは言え、偉いなあ。

頑張っている女の子が大好きなので軽率にお手紙を書いてしまいそうです。笑

 

他のキャストの方への感想もたくさんあるのですが、それは公演期間が終わってからまたまとめて書くつもりです。

皆さんとっても素敵なお芝居をされる方々でした。

 

 

Aくんのお芝居はいつも通り丁寧で繊細で、ああ、この人のお芝居やっぱり好きだなあって思いましたね…舞台に立っている姿を見るだけで泣きそうになったくらい*2

原作者のアミュー先生が「愛がAくんで良かった」とツイートしてくださっていたのを見て泣いてしまったのですが、愛くん、本当にハマり役だと思います。

ちょっと方向性は違うかもしれないけれど、Aくんと似てるなって思うんですよ。

不器用だけれど繊細な部分もあって、まっすぐで優しい。

そして彼が筝に向かうまっすぐな姿勢とAくんがお芝居に向かう姿勢はよく似ていると思いました。

 

それから彼が奏でる音色の優しい事。

私、愛くんのソロパートに入ってびっくりしたんですよね。

この人はなんて音を出すんだろうって。こんなに優しい音で演奏するのか…そっかぁ…って。さとわちゃんが愛くんの音を形容するシーンがあるのですが、本当にその通りです。

Aくんの音だけでなく、他のキャストさんの音も本当にまっすぐで素敵でした。ピュアで打算のない、ただ『届けたい』という思いが詰まった素敵な演奏。 

なんですかね…吹奏楽とかやっていた方には伝わりやすいと思うんですが、例えるとするなら部活動のコンクールの演奏が近いかなぁ。

損得を考えず、すべてを投げうってひたむきに取り組んできたその集大成を観ているような、そんな感覚が近いように思います。本当に本当に感動でした。

是非たくさんの人に聴いてほしい。 

 

 

 

このブログでも何度も触れているように、今回の舞台はAくんの初主演作で。

ほとんどの時間ステージの上には彼が居て、役者として、久遠愛として、懸命にまっすぐに生きていました。

 

舞台の中心に彼がいる。

それがこんなにも幸せなことだとは。

 

以前の記事で「彼は主役よりも、その主役に影響を与えるような役柄が似合う気がする」と書いたことがあったのですが、それは間違ってたなあと思います。主役を務める姿もすごく似合っていたし、眩しくて華があった。私が思っていたよりもずっと。

終演後、誰かとお話しようにも口を開いたら泣いてしまいそうだったので、さっと会場を後にしました。ただ、結局誰かに気持ちを伝えたくて友人に電話して泣くなどしてしまったので、だいぶ情緒がどうかしていたと思います。笑

 

あんなに舞台の真ん中に立っている人を眩しいと思ったのは初めてでした。

それはただただ惚れた欲目だというのもわかっているのですが、それでも割と本気でそう思うんです。

 

 

 

以前にダイマっぽい記事を書いてはいたのですが、一度観劇して改めて多くの人に観てほしいと思ったので、今回またこうしてキーボードを叩きました。

何やらAくんからも頼りにされてしまいましたしね…皆さん頼りにしてますって…笑

ああいうところが可愛くて憎めないんだよなあ…ずるい人です。笑

 

 

東京公演は8/25(日)まで、スペースゼロにて公演中です。

福岡公演は9/7(土)~9/8(日)までももちパレスにて、大阪公演は9/14(土)~9/15(日)まで森ノ宮ピロティホールにて上演となります。

毎公演当日券が出るそうですし、一般枠でもまだ買える公演はありますので、お時間やお財布に余裕のある方は是非ご観劇ください。

アフターイベントがある回も多いので興味のある方はそちらも是非チェックしてみてください。特に福岡公演のアフターイベントはほぼ全キャストさん参加なのでかなり豪華ですよ…!

 

 

正直こんなにも素敵な作品になるだなんて思っていなかったのですが、私にとって本当に大切な作品になったと思います。

カーテンコールでAくんの瞳がずっとうるうるしていて、ああ、こんなに嬉しそうな顔するんだなって思ったら胸がいっぱいになってしまいました。貰い泣きというか、つられて泣いてしまったりもして。笑

推しがああして嬉しそうにしているとこっちまで幸せになってしまいますね。

 

あと何回か観に行きますが、この後どう変化していくのかも含めて楽しみに、大切に観劇していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

何かありましたらこちらから!

 

marshmallow-qa.com

 

 

*1:ツイッターだかブログだかに乗せていた写真に筝が映り込んでいました。

*2:泣きそうに、っていうか泣いた。笑

各種刀と推し現場の話

 

 

 

どうも~、あめです~

 

 

暑い日が続いていますが皆さん体調など崩されていませんか?

私はだいぶ暑さに打ちのめされそうです…夏の雰囲気は好きだけど暑いのが苦手すぎる…_(┐「ε:)_

それでもおたくは体力が資本ですので、負けてはいられないのです…皆さんもお身体を壊されませんよう気を付けてくださいね…!!

 

 

前回の記事から今日までの間に何件か推し事があったので、今回はそちらの振り返りをちょちょいとしてしまおうかなぁ、と。

ラインナップはこちら。

  

・ミュージカル『刀剣乱舞』 髭切膝丸 双騎出陣2019~SOGA~

・舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらん

・生きてるうちにEnjoyサマー!Dスク超次元フェスティバル~俺たちの夏はこれからだ!~

  

 

なんだろう、ちょちょいと振り返られるラインナップではない気もしますが…笑

それぞれ個別で感想を書きたいなとは思っている(書ききれるかは別ですが…)ので、今回はとりあえずざっくりと行きたいと思います。

それでは行ってみましょう~! 

 

 

 

◇ミュージカル『刀剣乱舞』 髭切膝丸 双騎出陣2019~SOGA~

 

この日をどんなに待っていたか…!ってくらい待ちに待った作品でした。

…だというのに寝坊して新幹線にめちゃくちゃ乗り遅れました(貴様)

同行の友人が送ってくれた「新幹線乗ってこないけど大丈夫?生きてる?」というLINEで目を覚ますという大失態…友人ごめんね…

開演には余裕で間に合ったので良かったけどそういう問題ではない…猛省します…

 

前情報を一切入れず、ネタバレも全力で避けての観劇でしたが、そうしておいて良かったなと思います。あの時間の衝撃と言ったらもう…筆舌に尽くしがたいってこういう感じなんでしょうかね…筆舌に尽くしがたいの使い方あってますか…?()

花組芝居のお二人やアンサンブルさんも出演しているとはいえ、ほとんどの時間あの二人だけが舞台に立っていて。あれだけの内容を短い稽古期間であのレベルに持って行った事も本当にすごいと思いますし、若いからといってあれだけの内容をこなすというのは体力面、精神面ともに相当大変だったと思います。

それでもさすがはそれぞれに多方面で活躍しているだけはあるというか、本当に末恐ろしい二人だなあと思いました。

 

1部の内容については賛否両論あるみたいですが、私はこれまでの刀ミュシリーズの中で一番クオリティが高かったと思います。刀剣乱舞としてどうか、という事は置いておいてという感じになりますが、とにかく芝居も歌や踊りも安定感があったと思うし、内容もとても好きなものでした。

考える事はたくさんあるし、何が何と結びつくのか見えにくい部分のある内容でもありましたが、あれも一種の歴史の守り方なのかなぁと思います。

それにあれだけのものを見せつけられたら、難しいことは抜きにしてただただ感動してしまったんですよね。その感情を形に出来る言葉は、未だに上手に出てこないです。

演者のものすごい熱量と、様々な技術が集結されて出来た作品だったなぁと思います。

 

あの衝撃を感じられた事が私にとってはとても幸せなことでした。

再演も決まったので、そちらもチケット頑張ります。

 

 

 

◇舞台『刀剣乱舞』慈伝 日々の葉よ散るらん

 

刀ステでこんなに笑う日が来るとは…という感じでした。笑

いろんなところで花丸という声は漏れ聞こえていたのですが、本当に花丸でしたね。長義とまんばちゃんを絶対合わせたくないマンたちの戦い…笑

布に拘り過ぎる大包平がただの中の人に見えた瞬間が多々あったりもしましたが、なんかよくわからないけど面白かったので良かったです。笑

 

今作を語る上で外せないといえば、謎の男こと本歌・山姥切長義ですよね。

梅津くんのお芝居はこれが初見だったのですが、気品のある振る舞いや南泉に会った時のどこかほっとしたような嬉し気な表情、コミカルな芝居や心からの咆哮などなど…

ああ、これこそ山姥切長義だなあと思いました。キャラクターへの解釈もとても素晴らしくて*1本当に素敵でしたね。

 

あとはなんだろうな…同田貫がとにかくまんばちゃんを仲間として大切に思っている事とか、山伏と長谷部の距離感の縮まり方とか、そういうところにジョ伝からの時の流れを感じて。彼らも確かに仲間としての時間を過ごしてきたんだなあって考えたら、なんだか感慨深かったです。

長義とまんばちゃんの関係性というか、写しということにコンプレックスを持っているまんばちゃんと、山姥切の本歌である事に誇りを持っていて、”山姥切”と呼ばれるべきは自分だという部分に対して譲れないものを持っている長義。

その二人の対比というか、葛藤というか、そこにはまんばちゃんが自分と向き合う為にはとても重要な部分がたくさん詰まっていたと思います。 

 

終盤のシーンで長義の肩を抱いて笑う同田貫を見て、最初はいろいろあってもこうして仲間になっていくのだなあと思ったし、この本丸は良い本丸だなって思いました。

いろいろな考察をされている方がいらっしゃいますが、私個人の考えとしては円環がどうとかそういうのはさておいて、まんばちゃんやあの本丸の他の刀達に待っているのが今作のように笑っていられる未来だったらいいなと思います。

シリアスであったり不穏であったりするだけが刀剣乱舞ではないし、前を向いて進みだしたまんばちゃんの旅立ちや、いろいろな感情や考えある中で彼を”山姥切国広”と呼んだ山姥切長義の思いを無駄にしない未来であって欲しいですね。

もちろん、三日月の思いも。

 

 

 

◇生きてるうちにEnjoyサマー!Dスク超次元フェスティバル~俺たちの夏はこれからだ!~

 

Aくんが出演した『Dimensionハイスクール』というアニメのイベントでした。 

これがですねえ、すっごく楽しかったんですよね!笑

しんどかったのは立地と気温と座席くらいですか…らんらんホールの座席はカッチカチの観戦椅子ですし、なおかつ前列は背もたれがないのでなかなかお尻と腰と背中が辛いのです…あと園内に涼める場所がなさすぎる…

 

まあそんな座席云々の話は置いておくとして、イベントの方はミニライブにゲームコーナーに朗読劇ととっても盛りだくさんな内容でした。

ミニライブでは久しぶり推しに向かってペンラとうちわ振れたのがなんだか嬉しかったです。勘違いかもしれないけれどちょっと嬉しいこともあって、うちわ作った甲斐があったなあと思いました。

あと両部とも朗読劇があったのですが、特に2部の朗読劇は非常にカオスでめちゃくちゃ笑いました…ああ、これぞDスクだ…っていう…笑

酔っ払いのはずがおじいちゃんになってしまった染谷さんがなんかもうツボってしまってしんどかったです。あんなにきれいなお顔なのに平気で顔を崩していく…笑

 

とりあえず全体を通して一番テンションが上がったのはアシカのメグちゃんが可愛かった事なんですけど(笑)、今回のイベントは「えっ、推し天才じゃない…?」ってなる場面が結構あったので全体的にすごく楽しく過ごすことができました。未だかつてないんじゃないかってくらい冴えてた…Aくん天才じゃん…飴ちゃんあげちゃう…

最初からずっとそうなんですが、Dスクって公式がやる気に溢れているんですよね。やりたいことやってやろうっていう気概がすごいし、アニメ放送時にはリアルタイムでツイートもしてくれていました。

あとイベントの詳細や注意事項なんかもこまめにお知らせしてくれていたので、そういった面で不自由に思う事が全くなかったです。

やる気があって観客の事をちゃんと考えてくれる公式は大好きです。これでDスク関連のイベントはきっと最後だったんだと思いますが、楽しい時間をたくさんありがとうございました。本当にお疲れ様でした!

 

あと余談ですが、初めて見た江口さんはめちゃくちゃデカいし足が長かったです。

Aくんをいじってくれてありがとうございました。笑

 

 

 

 

 

ざっくり書いたつもりですが結構長くなりました。いつもの事ですが…笑

刀関係はやっぱり原作からずっと好きなのでいろいろ書きたくなってしまいますね。

どちらについてももっと細かく書きたいことはたくさんあるのですが、きっとすごく時間がかかってしまうので気長にゆっくり綴っていきたいと思います。完成はいつになるやら。

 

現場の感想ではないですが、Aくんが出演したヨルヨミやインプロラボについての感想もその内書きたいと思っています。たぶんこっちの方が先に記事が仕上がるかな?

ヨルヨミが個人的に本当に良くて、ぜひいろいろな方に聴いてほしい…dTVチャンネルに登録されている方は機会がありましたらぜひ視聴してみてください…寺山修司さんの少女詩集を読んでいます…(急なダイマ

インプロラボについても「ガチの即興劇ってこういうものなのか…」っていうのがとても興味深いので、こちらもdTVチャンネルに登録されている方は是非に。

 

 

 

そんなこんなで明日、とうとうAくんの主演舞台の幕が上がります。

ドキドキとわくわく、早く観たいようなまだ心の準備が十分でないような、そんな気持ちでいますが、この作品の中で生きる彼の姿をこの目に焼き付けてきます。

 

 

 

 

 

 

何かありましたらお気軽にポイっと!

marshmallow-qa.com

 

 

 

 

 

*1:この辺りに関しては荒牧くんと二人でたくさん考えたらしいというお話を見かけました。愛ですね…

推しに関する感想とダイマ

 

 

 

どうも、あめです。

 

  

 

エーステの感想とか双騎の感想とかちょっとずつ書いているんですが、時間がかかりそうなのでちょっと息抜き。

ふわっと書きたいなってことをまとめて書いていきます。ふわっと。

 

 

 

先日Aくんの写真集撮影の時の映像を上映するイベント(本人不在)がありまして、そちらに参加してきました。

まあ本人不在とは言いつつSNSで会場に来ちゃいましたって発信していたし、普通にお客さんとして客席で映像見てましたけどね…笑

今回は稽古期間だから来ないよってマネさんがおっしゃっていたのですが、少しでもお顔が見られて嬉しかったです。忙しいなか来てくれてありがとうね…

 

この形式のイベントは2回目で、内容としては撮影時の映像(Aくんのマネさん撮影)をマネさんの解説を聞きつつ見るっていう…あの…実質マネさんトークショーって感じのイベントなんですけど。笑

1回目開催時に友人にこのイベントの話をしたら「えっ、狂ってんね!」と言われたのが私的に面白過ぎる思い出なんですが(笑)、おたくやってる側としては最早慣れてきたというか、なんだろ…とりあえずあまり考えずに与えられるものは喜んで享受しています。笑

本人がいなくてもそこでしか見られない推しの映像があるなら足を運ぶよ…あと不意に裏話聞けたりするので楽しいですし。 

 

 

映像の内容についてはここでは触れませんが、今回の上映会にはカメラマンさんも同席してくださっていて。

そこでお話してくださった内容が嬉しかったので、そのお話を少し。

 

マネさんが「カメラマンさんから見たAくんの良いところってどこですか」という質問をカメラマンさんに向けてされていたんですが、その回答として

 

「Aくんはカメラマンとしては本当にありがたい被写体。目瞑りもないし、表情が本当に良い。簡単に良い写真が取れてしまう人。(要約)」

 

というお話をして下さったんです。

それを聞いていて、そうだろうそうだろう!とよくわからない目線で嬉しくなってしまったのでここに記しておきます。笑

やっぱり推しが褒められているのを見るのは嬉しいし、その褒めてくれている方が彼のお仕事関係の人であったりするとなおさら嬉しい。推しが認められているなんて、こんなに嬉しいことはそう多くはないです。えへへ。

他にも嬉しい事をいろいろお話してくださったり、あとは思わず笑ってしまう話もたくさん出てきたりで楽しいイベントだったなと思います。

マネさんもカメラマンさんも、その他スタッフさんもありがとうございました。

 

 

 

私が次にAくんのお顔を見られるのは来月頭ですね…某アニメのイベントになります。

うちわとペンラを持参して良いそうなので、これから用意する予定。また推しにうちわが振れるなんてちょっと嬉しいです。

あとなぜか本物のアシカが登壇するらしく、だいぶ意味がわからなくて笑いました。笑

アシカが登壇する回が結構前方席なので若干怯えてるんですが、それも含めて楽しみにしています…楽しみか…?笑

 

 

それから来月は何といっても彼の主演舞台ですね。

公演まであと一ヵ月を切りましたが、推しの初主演にこちらがドキドキしてしまう。笑

とはいえ、彼は絶対にお芝居でファンを裏切るようなことはしないので、たくさんの期待と少しのドキドキをもってその日を待ちたいと思います。

 

チケットは各プレイガイドでまだとれますので、もし興味がある方がいらっしゃいましたら足を運んでいただけると私も嬉しいです。

 

舞台『この音とまれ!

東京公演(スペースゼロ) 8/17(土)~8/25(日)

福岡公演(ももちパレス) 9/7(土)、9/8(日)

大阪公演(森ノ宮ピロティホール) 9/14(土)、9/15(日)

 

日程・会場はこんな感じとなっています。

お見送り会やハイタッチ会、アフトなど、終演後にイベントがある回も多いので、 お時間がある方は是非!

 

諸々の詳細はこちらで確認できます。

officeendless.com

 

 

 

息抜きで書き始めた記事がただのダイマ記事になってしまった。笑

 

公式がチケットを売る努力をしないので*1こうしてしがないおたくが唐突にこのような記事を書きだした訳なんですけれど、なんていうんでしょう。

運営の売る努力がド下手なだけで、作品自体は素晴らしいものを作られる脚本家さんが手掛けていらっしゃるんですよ。青春の切り取り方がとても綺麗なんです。

それは昨年観た『DIVE!!』でよくよく感じた事*2なので、素敵な作品が観られるんだろうなという点では私も期待をしているんですね。

ちょうど人気舞台の公演が重なっている時期で、お時間やお財布に余裕のある方は少ないとは思います。ですがその中でもしも気が向いてこの作品に足を運んでもらえたら、それ程に有難いことはないなあと思います。

 

推しは決して芝居で損をさせない人です。きっと他のキャストさん達も。

ですので、もしよかったら、という感じでのお誘いでした。

 

おしまい。笑

  

 

 

 

 

何かありましたらこちらにどうぞ~ 

marshmallow-qa.com

 

 

 

*1:オフィスエ○ドレスは本当に商売がへたくそだと思う

*2:DIVE!!とこの音は同じ脚本家さんが手掛けてらっしゃるのです。